ロンドン・デザインミュージアム

london_designmuseum (3)

ロンドンは、市内からテムズ川に沿って東にてくてくと歩いていくと、プロダクトデザインの最先端が分かるデザインミュージアムがあります。

インテリア業界で知らない人はいない、かの有名なテレンス・コンラン卿によって1989年に設立されたコンテンポラリーデザインの美術館は、50年代の倉庫を改造してつくられたという斬新なデザイン。
世界のグッドデザインが展示されています。

残すべきものを残しながら、新しく前進してゆくコンラン卿の哲学から、前に進む力をもらえます。

london_designmuseum (6)

新しくやりなさい。

新しくやれば「新しい環境」になり、「新しい心と体」で「新しく出発」するようになる。

新しくやれば「変化」が起こる。

london_designmuseum (5)

新しくやらなければ、

道がふさがって「希望」が終わるようになる。

london_designmuseum (4)

新しくやりなさい。新しくやる人に「新しい希望の道」が開かれる。

新しくやりなさい。新しくやる人は「問題」が解決できる。

新しくやりなさい。新しくやる人は「新しいもの」を得るようになる。

london_designmuseum (1)

 今は<完全な新しい歴史の時>だ。

いっそう次元を上げて新しくやることだ。

london_designmuseum (2)

物事も新しくしてゆけば、次元が上がるように、時代も新しくなってゆきます(参考:旧約聖書と新約聖書)。

新しくして発展してゆくことは、
万事において栄えることの秘訣なんですね。

心が新しくなったら、テムズ川の景色が一望できる2Fの「ブルー・プリント・カフェ」にもぜひ立ち寄ってみてください♪

 

2015年3月17日 摂理・鄭明析牧師の御言葉 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の貿易女子&漫画家&写真家。貿易事務の仕事をしながら摂理(キリスト教福音宣教教会)で信仰生活をおくっています。日々の信仰生活や御言葉を、イラストや写真でたのしく&分かりやすく紹介していけたらと思います★趣味は旅行と水泳♪ twitterやinstagramもみてね(・ω・)ノ