一日中歩き回って何も撮れなかった日

先日、礼拝後、ちょっと色々な場所に行く用事があったから、
一眼レフを首からぶらさげて過ごしてみました。

聖霊様が感動を与えて下さって
撮るべきものを撮らせてください。

そんなふうにお祈りして1日を過ごしてみたんですけど

結果

撮った写真、1枚もない。

いやあるか。
母親と外で食べたご飯(写真)。
何か1枚ぐらい撮るかって感じで。

でもこれ、iphoneで事足りるし。。

結構、色んな被写体に注意してはいたんですよ。

バスの中や電車の中、
子供や大人、
街、ストリートスナップ、

でも「撮りたい」と心から思えるものがなかった。
これは自分でも意外。

週末、ジョギングで桜を見つけた時には
あわててカメラを取りに戻ったのに。

 

ポートレート(人物)はモデルが必要だからハードル高いし、
花や草などの自然はよく撮るけど、
被写体として差別化が難しいから(みんな撮るからね…)、
どうかな~と思っていたのですが、

そんな自分の「考え」も一旦捨てて、
もう少し、本当に感動を受けたものに
歩み寄ってみようかなと思いました。

聖霊の感動で行ないなさい

 

「感動に素直になる」ことが最近のテーマです。

 

2013年6月2日 摂理・箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の貿易女子&漫画家&写真家。貿易事務の仕事をしながら摂理(キリスト教福音宣教教会)で信仰生活をおくっています。日々の信仰生活や御言葉を、イラストや写真でたのしく&分かりやすく紹介していけたらと思います★趣味は旅行と水泳♪ twitterやinstagramもみてね(・ω・)ノ