新しい摂理のメディア・せちゅり

摂理のオウンドメディアであるせちゅりが開設しました☆

まさにザ・トーキョーなノリと洗練さです。
サイト名も、一度聞いたら忘れられない。

チャラ これまでの「宗教」のイメージを覆してくれますね!

せちゅりTV 摂理人が最高に好きなもの。それは「礼拝」!

顔、出しちゃってます。
でも別にいいよね、悪いことしてないんだし。

せちゅりTV 摂理の献金はお金をむしり取っている?

一般の人が気になるあるある。
むしりとられるような団体なら、そもそもそんなお金のないSolはここにいないよ…。

インタビュー:
東大卒のエリートがその道を捨てて摂理の牧師を目指すようになったワケ

大学の最初の頃から東大には見切りをつけてて、劇団の稽古や演劇サークルをメインに大学生活を過ごし、年間で9本くらいの芝居に関わりましたね。

(…)その時に、演劇とかのHOWではなくて、根源的なWHYが必要だと感じて、3ヶ月だけ腹を決めて御言葉を聞くことを決心しました。

その他にも、アジアのトップ大学に在学した女性の話や、摂理に来て1年目の人の話など、様々な摂理メンバーの声が届けられます♪

自分も参加したくなってきてしまうから不思議だ…。

MUSICコーナーもある。

人間最高の挑戦と実践は、三位と一緒に生きる生だ

この方が歌ってるようです(・ω・)ノ

編集長のLeoさんは、
なぜこのメディア運営を始めたのかについてこのように語っています。

一言で言うと、僕ら摂理のリアルな姿が世の中にストレートに伝わっていないと思ったからです。

僕は大学一年生の時に摂理の教会に通うようになりましたが、それを親や周りの友人に話すとまず間違いなく「宗教にハマったやばいやつ」というレッテルを貼られることになります。

僕としてはマインドコントロールもされていないし、むしろ他人に対する気遣いや日常に対する感謝の心を大事に思うようになり、本当に心から幸せだと思って毎日を送れている。

本来宗教団体とはそういった生活を豊かにする考え方を提供するものであり、僕はそれをちゃんと享受しています。

なのに周りは「新興宗教に入信した」という事実をとてつもなく強いバイアスを持って見てくることに驚きを隠せない一方で、悔しい思いも何度もしました。

「摂理や宗教の何が悪い?」

と言わんばかりのアクティブな取り組み!

今後、コンテンツも充実していくそうで目がはなせませんね♪
やはりブログ単体での発信は、方法も伝わり方にも限界があるので、このようなオウンドメディアとして発信する取り組みはぜひとも応援したいです。
使い分け、大事ですね。

最後に…

これは某I氏のinstagramですが、
なぜこのようなことになってしまっていたのか、
ようやく疑問が解けました。

スーツのアオキ

そのうち登場するのでしょう、たぶん。

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ABOUTこの記事をかいた人

ブロガー&漫画家&写真家。貿易事務の仕事をしながら摂理(キリスト教福音宣教会)で信仰生活をおくっています。日々の信仰生活にまつわることを、イラストや写真でつれづれと。シンプルでミニマルな暮らしを模索中。水泳が趣味です。摂理や宗教のイメージをおしゃれにステキに変えていきたい。