職場の椅子が変わった夢の話

20141228221825ae6

職場の椅子が、かわる夢をみました。

実は、この1年、Solがずっと「座りたくないなぁ」と思っていた椅子が、4つも職場にはあります。

木でできたデザインは悪くないのだけど、座るクッションのところが擦れていて、年期が入っているというと聞こえがいいけれど、とにかく、座りたくない感じ(笑)

見ないようにしていたけれど、先日訪れた社員さんがついに指摘をし、マネージャーがようやく意識し始めました。

けれども「かえなきゃな~」といって、2ヶ月、3ヶ月、、
一体いつ代えるんだ?と思っていたら、ホームセンターかどこかで買ってきたクッションをただ上に乗せるという「応急処置」を施し、それで満足してしまったようで・・もう何も言わないことにしていました。

そうしたら、昨日、職場の椅子が全部(!)換わる夢を見たのです。
破れたクッション部分もはずして、紫の布に張り替える夢でした。

目を覚まして

「夢にまで出てくるなんて、よっぽど嫌なんだろうな。これは何の神様のメッセージだろうか・・。」(✳︎夢は神様のメッセージと言われます)

なんてことを考え、休み明け、職場に向かいました。

そうしたら

何と、椅子が換わっている・・!!!!!

厳密には、破れたクッション部分がはずされ、磨かれていたのですが、見た目は全然違和感なく、本当に、目を疑いました。
ここまでどピンポイントな「正夢」は、初めてかもしれません。

神様は、求めたことは、ふさわしければ必ず下さる。

こちらは、今週の御言葉です。
実感するのに、ぴったりな出来事だと思いました。

そして、さらに思い出したのが、
日曜の夜に一緒に食事をしたメンバーAちゃんの話。

Aちゃんは、大学で働いているのですが、踏み場のないぐらい散らかっている教授の部屋があり(どこもありますよね・・)、自分の環境にも影響を及ぼす為、教授の部屋がきれいになるようにずっと祈っていたそうです。

そうしたらある日、教授の部屋がきれいになる夢を見たそうで、教授の部屋は汚かったままなのですが、
別の場所で、ずっと願っていたことが実現されていたのだとか。

祈り願っていたことは、「いろいろな通路」を通してなされる。
祈り願っていたことは自分の考えとは違って、「違う通路」で成される。

(2014年8月20日 鄭明析牧師の御言葉)

今週は、祈り求めれば与えて下さるというメッセージ⭐︎

夢を通して、そのことを実感させて下さり、ふさわしい時にふさわしいものがもらえるように、最善を尽くして、心の器を整えてゆきたいと思ったのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。