摂理人の「真の笑顔」とは?

20141229022224f17

最近、Solはある牧師さんから興味深い話を聞きました。

それは「真の笑顔」とは何か?ということ。

心から嬉しいときにわき出る笑顔?
家族や友人といる時に思わず浮かべる笑顔?
人から「ありがとう」と言われて浮かぶ笑顔?

・・・(考えてみてください♪)

答えは、どれも「ノー!」です。

答えはこれです。

「限界にぶつかって苦しい時、すべてを置いて湧き出る笑顔」

へぇ~でしょ?

嬉しい時に、笑顔になるのは、言ってみれば当たり前のこと。
誰でもできます。

けれども、感謝できない状況の中で、感謝できる心を見い出し、心からわき出る笑顔というのは、なかなかできません。
鄭明析先生の笑顔が素晴らしいのは、まさに、艱難・苦難の中でも、その状況に感謝し、神様と一体となって湧き出る笑顔だから。

「生活の笑み、生の笑み」を浮かべて生きなさい。
(2014年8月13日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

困難な状況だからこそ、その中に置かれた神様の御心を見出し、感謝する。

実践してゆけたら、素敵だと思います。

Sol

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。