摂理の「信仰生活」ならぬ「健康生活」で、老化の指標「AGE」を減らす。

20141228220809839

最近、SolはAGE(終末糖化産物)というものを知りました。

英語だと、Advanced(進んだ)Glycation(糖化) End products(終末産物)。
年齢が進むにつれて体内に蓄積され、顔のシミの増加、動脈硬化などにつながる老化物質のようです。

要は、老化や病気を促すこの物質。
高血糖状態と関わりが深いようで、血糖値が高くなると、体内の各種たんぱく質が糖まみれになり、皮膚のしわ、たるみが増え、血管は弾力性がなくなり、動脈硬化につながるのだとか(ひえー)。

心臓病やがんにかかる人の特徴も、AGE数値が高いそうです。
また身近な食事でも、揚げ物や焼いた物(の焦げ目)にAGEは多く含まれているそうで、清涼飲料水や、ファストフードの過剰な摂取もAGE数値を上げるのに寄与してしまい、たばこを吸う人やお酒をよく飲む人ほど、皮膚のAGEは高いそうです。

つまりそれらを摂取するほど、美容・健康によろしくないということですね。

へぇ~

なんて、最近食事に気をつかっている(?)Solとしては、何だか関心を持ってしまうニュースでしたが、重要なのは予防策!!

挙げられているのを見てみると・・

・たばこすわない
・お酒はほどほどにする
・ケーキ、清涼飲料、揚げ物は少な目に
・早食いしない
・食べ過ぎない
・適度な運動
・緑黄色野菜を多くとる
・ストレスをためない
・煮る、ゆでる料理を増やす
・そば、玄米など食後の血糖値を抑える食品を心がける

む、これは・・

とりあえず、摂理の信仰生活で、御言葉を守っていれば、最初の8項目は余裕でクリアできてしまうのでは??(実際Solはクリアしています。お酒もほどほどというか、飲みませんし!)。

御言葉、なんて素晴らしいリスクヘッジ・・!!

(ブログで何度も書いてるように)信仰生活大変ですが(笑)、いわゆるストレスもありませんし(良くないストレスだと「発散」すべく、お酒やたばこに意識がいきますからね)、運動も必須です。

鄭明析先生も、少食生活を勧めますし、お肉より野菜中心の生活を推進されています。
朝は、フルーツや野菜を絞った生ジュースを飲むと良いとか、麺より米が良いとか、結構、具体的に伝えられたりもしています(笑)

健康も顧みない方面が「隙」になって、その「隙」に付け込んで体を病気にならせる。
(2014年8月29日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

アーメン!(その通り!)
素材がよければ、美味しい料理がつくれるように、人間も、身体に入れるものに気をつかってこそ、一層美しく、健康に生きられるのでしょう☆彡

最近、職場の人に「Solさんはベジタリアンなの?」と言われるまでに「変化」したのは、摂理のおかげかもしれません(笑)(別に摂理はベジー集団とかではないですが・・普通にお肉も魚も食べますので。)

メタボや運動不足が叫ばれる中、一層食生活にも気をつかってゆきたいですね☆

信仰生活は、アンチエイジングの最大の「特効薬」なのかもしれません。

Sol

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。