猫を通して悟る神様

20141004183243e24

今朝、ランニングをしていると、

ニャ~

と、どこからか声が聞こえてきました。
しかし、後ろを振り返っても、まわりを見ても、何もいない・・・

再び走ろうとすると

ニャ~

どこにいるのだろう?
と、立ち止まっていたら、

ニャ~ ニャ~

と、Solを呼ぶように何度も鳴きはじめ、声のする方に耳を傾けてみたら、
二階建てのベランダから顔出してる!!

目が合うと鳴き止み、猫は写真のように腕を組み始め(笑)、Solをじっと見つめていました。

あわててスマートフォンで写真を撮り、家に帰って眺めながら、これは何の「啓示=神様からのメッセージ」だろうと考えました。

(御子)あなたが祈り、知りたいと思ったことは<万物>で見せて話した。
だから、「あなたが祈ったこと」と関連付けて<万物>を見て、「私の言葉」を悟りなさい。
(2014年9月4日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

「祈った内容」が<問題>なら、「万物で見せたもの」は<答え>だと言います。
そういえば、最近、色んなことがうまくいかなくて、夢を見る頻度も減り、御子と「疎通」できていないような感覚から、「見捨てられたんじゃないか・・」とさえ思うネガティ部な祈りばかりしがちだったのですが(めずらしく)、

「そうじゃない」

と万物を通して、私に語って下さっているようでした。

(先生は)ある日トイレの掃除をしていたが、「大きいコオロギ一匹」と「子供のコオロギ二匹」がいた。ところが瞬間にして消えた。
それを通して御子が何をおっしゃるのかすぐに分からなかったので、祈った。分かってみると「私が御子に尋ねたことに対する答え」だった。
それで早速「子供(御言葉を聞く新しい命)を生むからご飯(御言葉)をあげなければならない」と思って<御言葉>を書いて送ってあげた。
(2014年9月4日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。