虹の輪のしるし

2014101020351105d

今日は、とても嬉しい一日でした。

何かが成されたというよりは、今年、ずっと切実に願い求めていたことが、成された感覚です。
何だかすごく嬉しくて、職場でも、朝から顔にやけっぱなし。

まだ何も成されてないんですけど笑

おかげであまり寝てないのに、ものすごく仕事に集中できて、「霊が肉を治める」とはこのこのかと、改めて感じてしまったのでした。
いつもこの感覚で仕事をしなければ★

そしてお昼に、そんなSolを待っていたかのように、太陽のまわりに虹の輪が…!!

こんなドーナツのような虹があるんですね!!

調べてみると「日暈(ひがさ、ハロ)」というらしいです。
太陽付近に上空の薄い雲がかかっている時に、光が上空の薄い雲の中にある氷の粒に反射・屈折して起こる現象なのだとか。(気象庁HPより)
写真よりも、実物はとても雄大で神秘的でした!!

私御子の御言葉に従順であってこそ、光輝く太陽のようにあなたの人生の光を放つようになる。
いろいろな色の虹のように光を放ちなさい。
そうすれば多くのものが調和をなして神秘的な生を生きるようになる。
(2010年10月29日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

何だか自分(Sol=太陽)のまわりを、神様が大きく包んでくれた気がして、本当に幸せな気持ちになりました(*^^*)

虹の輪を見ながら交わした神様との「約束」を胸に、太陽のように、虹のように、光を放ちながら生きてゆきたいです★

Sol

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。