主日の朝に見た、双子を身ごもる夢の話

20141110075039328

今朝、双子を身ごもる夢を見ました。

身ごもる夢は、約2年半前、まだSolが摂理にきたばかりの頃、教会合宿中に見たことがありました。

子供を生む=伝道

の象徴だと牧師さんに聞いたことがあります。
その時は夢では、旦那は不在(夢の中で「旦那は誰だ!?」と焦っていましたが・・)。

「旦那は御子だよ!」と、牧師さんに言われたのですが、実際、その直後に2人を伝道し、礼拝に一緒に出るようになりました(夢の成就?)。

で、今回、妊娠2回目。
しかも「おなかが大きい、双子だ!」と自分で言っていました。
しかし、やはり、旦那は不在・・・。

「(妊娠を機に)仕事辞めれる!」と喜んでもおり、何だかリアルでもあり。。
そして今日の礼拝中、あることをお祈りをしていたら、瞬間夢のことが思い出され、「鄭明析先生のように、2本のオリブとなるような人を見つけ、育て、福音をのべ伝えなさい!」という大きな感動がありました。

すごく、不思議な感覚でした。

<夢>は「自分」が見て、「自分」が解かなければならない。
(2014年6月18日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

夢って不思議です。

この夢がどう成就するのかは・・・これからの自分次第、ですね。

Sol

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。