やればできるし、やらなければできない!

20141217221307c2a

気づけば2014年も残り約2週間。。
怒涛のように流れる毎日に、時の速さを感じます(@-@;)

2014年、何かやり残していることはないだろうか?
まだ、できることはないだろうか?
そんなことを考えていたら、先日、「やればできるし、やらなければできない」という御言葉が主日に伝えられました。

参考:摂理コミュニティサイト・マンデー主日の御言葉

やる分だけよくなり、やらない分だけできないということが
<生の順理>であり、<神様の公義の法則>です。

摂理にいても、いなくても、万人に当てはまる、「真理」です。
勉強も、仕事も、何でもやった分だけ結果は出ますよね。

「当たり前じゃん!」って思う方もいらっしゃるかもしれませんが、でも、じゃあそもそも、「何を最優先にやることが最も自分の生にふさわしく、神様が願われていることなのか?」という問いはどうでしょう??

自分にとって、「必要なこと」というのは、ある程度までは分かります。
生きていれば環境に応じて、必要なことは自然と目の前に現れるから、それをとりあえずはこなしさえすれば、人生はそれなりに進んでゆくのです。

でも、何のために??
その方向性は定かでしょうか??
自分を創造された神様の視点に立って、神様が自分に「必要とすること」は何でしょう??

悟るまでは「自分」が行なっていると思う。知らなければ分かるようで分からない状態で行なう。「自分がやっていること」のようでもあり、「御子が行なっていらっしゃること」のようにも思われる。
(2014年12月16日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

人間が生きている地球も宇宙も、神様が創造されたもの。
私たちも何か大きなことを成す時は、必要な人材を集めて、目的を達成しようとするように、神様もそのように、天地万物を創造され、人間に、個性に応じて役割を与えているのかもしれません。

人間は自分の意思で生きているようで、実は神様の意思(御心の中)で動いていると考えるのは、結構理知にかなったことではないでしょうか。

御子があなたを通して行なうことを悟って行なってこそ、はっきりと熱く行なう。(同上)

では、それはどのようにしたら分かるのか?

続き(?)はまた今度♪(もしくは日々の箴言の中で・・・^皿^)
2014年、残りの期間、神様が願っていらっしゃることを、ひたすらに尋ね、行なってゆく時間にしてゆけますように★

Sol

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。