脱会議のススメ

20150109065323cff

「脱会議 今日からできる! 仕事革命」横山信弘著

という本があります。
結構、amazonなんかで売れている。

内容は、タイトルの通り「もう無駄な会議やめようね」という話。

会議のために資料を作り、会議のために打ち合わせをして、会議のために根回しする。会議が増えすぎて人を増やし、新しい部署を作る。
その部署が「作業の効率化」を提起してまた会議を開く…。
無駄な会議は組織の「老廃物」。脱会議で一掃しましょう。 (本書より)

「会議難民」という言葉があるほど、概して日本人は会議に多くの時間を費やすと言われています。

Solも輸出入に関して、メーカーのお客様を何件か担当しているのですが、何度「申し訳ございません。只今会議中で」と担当者不在だったことか…。

最も強烈だったのは、先日、某企業の訪問のアポ連絡を入れた際、希望日時を提示させて頂いたのですが、返答がこのようでした。

「あーすみません、その日は朝から晩まで会議で…」

え(´Д`)

連休明けとはいえ、どんだけ会議してんねん
と思わず心で突っ込みを入れてしまったSolでした。

もはや、目的を達成するための会議ではなく、会議が目的になっている会議かもしれません。
特に(日系)大手であればあるほど、会議難民的傾向は強い気がしております。

一体何をそんなに会議しているのでしょう??

では具体的にどのように会議を進めたら良いのか?については、このような本が多く出回っているので、ここでの紹介は割愛させて頂きます。(冒頭の本は、なんと中古で101円です。(1/8現在))

摂理でも、朝から晩まで会議なんてことはさすがにありませんが(と信じます)、会議の目的をしっかりと把握した上で、限られた時間内で生産性を上げてゆきたいですよね。

自分が仕事をしていてすべきことが残っているなら、自分が終わらせるべきであって、仕事が自分を終わらせるようにするときりがない。
自分が仕事を終わらせるべきであって、仕事が自分を終わらせるようにしてはいけない。

(2014年12月31日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

まさに、会議のあり方についても考えさせられる御言葉。

摂理も脱会議、進めましょう。

Sol

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。