自分の部屋を最高の「聖殿」につくる

20150214035507597

Solが生活の中で心がけていることがあります。

それは・・・

「いつも自分の部屋を聖殿のように整える」

ということ。

20150214035506a7d

毎日摂理の教会に行けるわけではないので、仕事以外の大半の時間を過ごす場所は、自分の部屋。

お祈りをしたり、御言葉を読んだり、その多くの時間を費やすのも自分の部屋です。
だから自分にとって、自分の部屋が聖三位神様に会える場所であり、また聖三位が共にされる場所。

せめていつもキレイな状態にしておきたいと感じるのです。

聖殿を建てなさい。肉体が聖殿だ。心が聖殿だ。また、物質で建てる聖殿がある。
(2011年4月28日 摂理・鄭明析牧師の御言葉)

「部屋の乱れは~」なんてことわざもありますよね・・。

たいてい、忙しくなったりすると、花はなくなり(これは気持ちにゆとりがないと本当に出来ない…)、部屋が散らかってくるばかりか、神様に申し訳ない気持ちになります。

部屋の状態が、(恥ずかしながら)信仰状態をそのままそっくり映し出しているのがSolの「聖殿」です。

聖殿は御子に進み出るところ
御子に御言葉で出会うところ
御子に捧げ物を捧げるところだ。
人間が神に会うところだから
どうあるべきだろうか?

(2013年6月28日 「聖殿と聖殿の管理者について」)

鄭明析先生が、どのような場所であっても、その場所を最高の「聖殿」とするように、Solも自分の置かれた場所を最高の「聖殿」にしてゆきたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。