「NPOが政治資金DB化」のニュースが明るい

image

データベースで政治資金透明化 来年度公開、若者の政治参加あと押し

若者の政治参加問題に取り組むNPO法人・ドット・ジェイピーが全国会議員の政治資金収支報告書をDB(データベース)化して、ネット上で公開する「政治資金透明化プロジェクト」に乗り出しました。

情報公開の不十分さに取り組むことで、政治離れや政治不信を防ぐことが背景にあるようです。
「政治とカネ」の不祥事とか、ネガティブなイメージばかりありますもんね・・。

日本は、ご存じのとおり選挙権年齢も18歳以上に引き下げられました。
だから若い人が政治にどれだけ関心をもち、どれだけ当事者意識をもって投票に行けるかという課題に取り組むことはとても重要だと思います。
個人的には、Sealdsのような若者の団体がもっと出てきてほしいですね(稚拙であったとしてもその勇気を私は称えたい)。

今は投票者が高齢者ばかりだから、政府が高齢者にとって都合の良い政策をとるのは、ちょっと考えれば分かること。
電子投票もなかなか進まないのは、若い人の投票が怖いからじゃないかなと思います。

日本のNPOも政治の場で対等に戦えるようになっているのはとても嬉しいです。
政府や企業を監視し両者が解決できないニッチな問題に取り組む、本来のNPOの姿ですね。

続けて同行を追ってゆきたいです。

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。