1月号・月明洞便り:Solが箴言をウォルミョンドンから伝えるよ

image

今日は、摂理のSolが月明洞の檀上である御子愛の家から1月14日・摂理の箴言を伝えさせていただきます。

何て微妙な構図だろうと思ったこの写真は、この絵を描くために撮られたのですね。

image image

神様が摂理人みんなにくださった<月明洞>も、「自分のもの」にして生きる人だけが、「自分のもの」のように感じて、甲斐を享受して生きる。

image image

<月明洞の自然聖殿>は「神様、聖霊様、御子のもの」だ。三位のものをもって、摂理史に土地を買ってくださり、構想をしてくださって、「三位の肉」を通して、従う人たちと共に開発するようにさせた。
これからはみんな!「自分のもの」だと思って管理し、開発しなさい。

image image

みんなが「個人の家」を建てて住むことはできないから、合同で「宮殿」を作って、新婦たちが集まって、<新郎の家>で一緒に暮らすのだ。つまり月明洞の自然聖殿だ。

は~い

雲も自分のものだと思って、つかいま~す!

image

Solが月明洞から、お伝えしました。

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。