未来型ローラースケートのユメ

image

昨日、こんなくつをはいている夢を見ました。

スケート靴みたいになっていて、重力だけでスイスイ前に進んでゆくローラースケート!
これをはくと、労力をかけずにどんどん前に進んでゆくのです。

まだ市場に出る前の展示会のようなところに、開発者の男性2人と行く夢だったのですが、おもしろかったのが、「くつ」をテーマにした展示会の場で、Solのチーム以外のアイデアは、ありきたりで新鮮味がなかったこと。

「どうしてこんなものをつくるんだろう?」と不思議に思う夢でした。

==

そうしたら、昨日の朝の御言葉がこのようでした。

さまざまな鳥たちよ。お前の頭で生きたら、「よいこと」を考えているうちに時間がすべて過ぎ去り、「水準の低いこと」を行なっているうちに歳月がすべて過ぎ去る。
体は弱くても「鷲の頭」で生きたら、ずっとまさっている。そうすれば大変な思いをせずによいことを構想し、考えるから、「考える時間」が増え、「大変な思いをしてすること」を易しくできる。

あ、このように、スピード感と知恵をもって行なえば、もっと色んなことができるなと。
スケート靴でスイスイすべるように、前に進んでゆけたら。

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。