気づいたら、栄光を捧げる期間が終わっていた件

f0320965_20504678

摂理では、年明けから15日まで、神様に栄光をささげる期間とされていました。

ダンスをしたり讃美をしたり、個性によって様々に栄光をささげるのですが、私はブログ記事を1日5本を書くことで(一応)栄光をささげていました。

で、何故かよく分からないけれど、土曜日(つまり今日)が最終日だとばかり思っていて(金曜日に教会で「最後、最後」と言っていたにも関わらずなぜか「平日最後」かと思っていた)、昨日の夜「明日も5本書きます!」と宣言していたのですが、夜中に「あれ、終わりじゃね?」とふと我にかえったのでした。

・・・

(。・ω・)ノ゙

・・・

おわってるわ。

カメsol

・・・

おわったのか。

==

土曜日も、5本書く気満々だったので、最後の記事を何にしようかと考えていたのですが、「年とった」記事で締めくくってしまった。神様ごめん。

これはまるで戦争が終わったのに、終わったことを知らずに、ひとり無人島で戦闘モードみたいな軍人ではないか。

自分のKYっぷりに、神様も失笑しているのではないかと懸念しますが、なんかこのパターン、いいのかわるいのか、またある気がしてならない・・。

私らしいと言えばそれまでですが、とりあえず、無事栄光をささげられたことを感謝します。

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。