自分か、ベッカムか。

image

今日、駅でみたH&Mの電子広告。

モデルはかの有名な、デビッド・ベッカム。

電子広告だからベッカムが動くんですけど、見せ方が本当にうまくて、思わず立ち止まってしまった。

image

すれ違い際に男子学生らしき集団は吐きすてるように言った。

「ベッカムだから何を着てもカッコイーんだよ!」

このモデルが私だったら、おそらく1着も売れないどころか、クレームがくるだろう。

image

最近、ブログは「何を書くか」ではなく「誰が書くか」に左右されると感じていた。

御言葉はいつも100%完全に与えるのに、伝える人が75、80、85、90、95%だけ伝える。その分損だ。

<同じ御言葉>を与えても、どうして「伝える人」ごとに、違って伝えるだろうか?「自分の水準、自分の心情」どおりに伝えるからだ。

こういうことだ。

2016年1月19日 摂理の明け方の箴言より

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。