日本とスペインをつなぐ神様の御心

フラメンコsol

今年の10月19日から、イベリア航空(IB)で成田-マドリード線が開設することが決まりました。

イベリア航空は、欧州とラテンアメリカをつなぐリーディングキャリア。
このエアラインが唯一の日本とスペインをダイレクト(直行)でつなぐフライトを運行します。

スペイン・・は、最近空輸ではライフセーバージャケットを輸出したかな・・一体、どこで何に使われるんだろう(・ω・)

余談ですが、後輩の社員さんがスペイン語ができるので、現地とのメールのやりとりをシャラッとスペイン語でかわしていたんですけど、なんかスペイン人にホメられてました。

ちなみにSolは大学時代、スペイン語を第二言語で専攻してましたが、もはやVamos (We go)ぐらいしか思い浮かばないダメっぷりです。

#

貿易事務の仕事をしていると、色々な国への輸出手配もするので、自然と飛行機の路線にもくわしくなります。
カタール航空(中東)はアフリカに強いとか、キャセイ航空(アジア)は世界中オールマイティーに行ける、とか。

そんな中で日本-スペインはめずらしかったので、ちょっと取り上げてみちゃいました。

スペイン語話者数は中国語に次ぐ世界第2位!
イギリス、フランス、ドイツなど、ヨーロッパにも広がる摂理ですが、スペイン摂理はこれからの地(・ω・)ノ

日本から、イベリア航空で、誰かが行くのかもしれません♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。