タラちゃんいじめに思うこと

chara7_on

ネットの世界で「タラちゃんいじめ」というのがあるそうです。

タラちゃんは、ご存じ「サザエさん」のキャラクターですが、このタラちゃんが「死ね」などの大量のツイートを浴びているそう。

どういうこと?
と思ってツイッターで検索をかけてみると、

出るわ出るわ・・

「タラヲ死ね」
「タラヲ消えろ」
「タラヲ黙れ」
etc..

気持ち悪くなりそうだったので、すぐやめました。。

実存しない人物だから
罵声を浴びても「被害」はない。
本当に死んだりもしないから、
軽いノリで楽しんでいるだけなのだろうけれど、

インターネットという誰もが目に触れる「公共」の場所で、あまりに軽く「死ね」と大量につぶやかれていることが怖くなりました。

生身の人間には言えないから、アニメのキャラクターに怒りや不満の矛先を向けて、不特定多数の「みんな」で行なうことで、ストレス解消になるのかな。

そこでは同じ感覚、同じ考えの人、似たような感覚の人が、どんどん集まって、タラちゃんを「攻撃」しています。

いじめもこういう軽い感覚がエスカレートしてゆくのかなと思いました。

人にはそれぞれ『成分』がある。
だから『成分』、つまり『質』を把握して接しなさい。

結局、人はどんな心の人の側にいるか、どんな「考え」に触れるかで、自分がつくられます。

ネガティヴな言葉にばかり触れていたら、自分の考えもそのように偏ってゆくし、逆にポジティブな言葉に触れていたら、自然と考えも前向きになれます。

今回の、タラちゃんいじめは、ネガティヴな言葉の典型。

それはまるで、腐ったリンゴの近くにキレイなリンゴを置いたら、キレイなリンゴも腐ってしまうような。

今の時代、インターネットでどんな人の「心」にも簡単に触れることができるようになったから、そのことを分かって、ネットに触れないとですね。

 

画像・サザエさん公式サイトより

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。