「素質と才能」に助けられて。

IMG_4733edited

今度、ある「パーティ」の幹事的役割をすることになり、会場設営に向けて色々な人に声をかけたりしています。

ありがたいことに、教会の人も関わろうとして下さっていて、

カメラ
司会

お花
イラスト
etc..

などなど、様々な「個性」の人材が手伝って下さろうとしていて・・(ToT)

最初、私は幹事はおろか、全く何もしないスタンスでいたのに(笑)それじゃけしからんと神様が言わんばかりに、必要な人を揃えて下さっている、そんな気がしています。

ある人は「手の才」があって、<手>でさまざまなものを作って光を放つ。
ある人は「見る目」があって、<見る目>で人には見えないものを見て、把握して、そのとおりにやり遂げることで、それによって栄光を享受して生きる。

皆「肢体」を持っている。
この肢体はそれぞれ「素質と才能」がある。

みんなの「肢体」に助けられながら、
思い出に残る1日をつくれるように、

がんばります・・★

 

参照:2016年5月29日 主日の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。