失われた「顧客」を求めて

f0320965_08334874

先日の御言葉は

失った人を探してきなさい。 私の命たちを連れてきなさい。
自己管理、命管理、もらったものの管理だ。

というものでした。

管理、大事ですよね。

というわけで、貿易事務のお仕事でも、
ここ3年間で連絡が途絶えていた「失われた羊」ならぬ、
「失われた顧客」に再度アプローチしてみることにしました。

Solが目をつけたのが某メーカー。
メーカー側担当が代わったと同時に、他の業者に乗り移ってしまっていたのでした。

情報収集のため、3年前によくやりとりしていたSolの会社の女性の方(今は上海の支店で働いている)に連絡をとってみたらビックリ。

「あ!そのお客さん、ちょうど当時担当だった人が今上海に駐在していて、今月末に帰国するよ!ぜひアプローチかけてみて!Solさんが営業に行くこと伝えておくから!今がチャンスかも!」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

神様は「失った人を探してきなさい。私の命はどこにいるのか」とおっしゃった。
そして「失った人を探してきてこそ、また命を送ってあげる。新しい命を送ったらまた逃すはずなのに、また送ってあげるだろうか? 信頼を守らなければならない」とおっしゃった。

失われた顧客よ。

御言葉は、伝えられた週に実践してこそ、その効力を実感するのだといいます。
御言葉は、言うならばどのような状況にでもあてはまる「真理」だから、仕事でもその効果を実感できるのですね。
これを探すのが、生活の中でのたのしみ。

そんなわけで
来月営業行ってきますε=ε=ε=ヾ(・∀・)ノ

もう奪われない。

 

2016年06月19日 主日の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。