「悩む時間」をとにかく切る生活

IMG_5853ed

やる時は「精神を集中」してやりなさい。
そうしてこそ一つでも成される。

先日、朝、御言葉を聞いた後、
90分ぐらいの時間の間に、4本記事を仕上げました。

あたりまえですが、記事は御言葉から構想を受けることが多いです。

が!写真、イラスト、文章、などなど結構表現の幅が広くて、
どの手段がいいのか、またどう表現したらいいのかで、悩むことが多いです。

うだうだ悩んでいると、本当に手が進まず、
箴言1枚に2時間以上かかったことも。。

満足のいく仕上がりでも、
結果、時間がかかりすぎてるという点で、不満足。

こういうときは、「神様の考え」ではなく「自分の考え」で進めてしまっていることが多いです。

技術不足なのもありますが、
はやくできるときは5分で写真を選定して(というより数が膨大なので写真の方から目に飛び込んできて)、イラストも着色までに10分かからないこともしばしばあります。

こういうふうに、ズバッと構想が舞い降りて、
一直線に目的に向かえるときは、気持ちがいい。

誰でも<行なうべきこと>を行なわなければ、できることがない。

限られた時間と素材の中で、
自分が何ができて、どうすれば最大限できるのか、

最近そんなことを考えながら、記事を更新しています。

 

2016年7月22日 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。