<肉体>は夕日が沈むようにやがて消える

img_7842

<この世の肉のもの>は一時が過ぎれば、日が沈むように消える。

夕日から悟ることってとても多いです。

神様は、本当にどんな人でも「平等」に悟りの機会を与えて下さいます。

これは、この世のものを「日」に喩えた話。

人間の<肉体>もこれに該当します。

img_7844

人間には、肉体と霊体があることを以前書きましたが、肉体が存続できるのは、長くてせいぜい100年やそこら。

その肉体が滅んだ後は、永遠な霊の世界があるのです。

<肉的な次元の目的>もあるけれども、<人間に向けての全能なる神様の永遠な最高の目的>がある。この目的を成してこそ「それ以上ない目的」を成した人になる。

日が沈んだらまた登るように、人間も肉体が亡くなったら、霊として新しく生きるということ。

それがどう生きるかは、自分次第。

そんな真理を、夕日から学びます。

 

2016年9月8日 箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。