ロンドン・デザインミュージアム

london_designmuseum (3)

ロンドンは、市内からテムズ川に沿って東にてくてくと歩いていくと、プロダクトデザインの最先端が分かるデザインミュージアムがあります。

インテリア業界で知らない人はいない、かの有名なテレンス・コンラン卿によって1989年に設立されたコンテンポラリーデザインの美術館は、50年代の倉庫を改造してつくられたという斬新なデザイン。
世界のグッドデザインが展示されています。

残すべきものを残しながら、新しく前進してゆくコンラン卿の哲学から、前に進む力をもらえます。

london_designmuseum (6) london_designmuseum (5) london_designmuseum (4)

 

london_designmuseum (1)

イギリスのプロダクトデザインの好きなところは、
常に新しくしているところ。

こんな摂理の御言葉があります。

新しくやりなさい。新しくやる人に「新しい希望の道」が開かれる。
新しくやりなさい。新しくやる人は「問題」が解決できる。
新しくやりなさい。新しくやる人は「新しいもの」を得るようになる。

london_designmuseum (2)

物事も新しくしてゆけば、次元が上がるように、

新しくして発展してゆくことは、万事において栄えることの秘訣なんですね。

心が新しくなったら、テムズ川の景色が一望できる2Fの「ブルー・プリント・カフェ」にもぜひ立ち寄ってみてください♪

 

2015年3月17日 摂理・鄭明析牧師の御言葉 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedIn

ABOUTこの記事をかいた人

働き女子・創作系ブロガー。摂理(キリスト教福音宣教会)所属。貿易事務の仕事をする傍ら絵を描いたり写真を撮ったり泳いだり、好きなことして自由に生きてます。ブログではそんな日々の生活を、つれづれと。今を生きる女性の、何かヒントになったら嬉しいです。