組織は「適材適所」

%e9%81%a9%e6%9d%90%e9%81%a9%e6%89%80

摂理で学ぶ、組織論。

<一人>では絶対に「全体」をみることができない。<一人>で「全体」をみようとしたら失望ばかりし、へたり込むようになる。だから「各センターごとにそこに該当する人たち」をみんな立てて、行う。

最近、仕事でも教会でも「全体」をみることが求められていて、気づいたことを書き留めておこうと。

最近話したある指導者の方は「適材適所」だとおっしゃった。

個人主義的に走るチームもあれば、みんなで一緒にやっていくチームもある。
どちらにも該当しないチームもある。
それぞれが個性だから、どれかのやり方を全体に適用すると、組織そのものが崩れるのだと。

アーメン(そのとおり)

この<全体>をしっかり把握できる人が、「有能」な指導者なのでしょうね(・ω・)ノ
色々学ばせてもらってます。

 

2016年10月15日 摂理・箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。