弟の「更生メール」

my-room-666

「遺伝」なんて言葉があるように、子は親に似るものだと思う。

自分で「あ、この性質、親ゆずりだな・・」なんて思うことは結構あって、それがネガティブなものなら、(これでも)改善しようとしています。

先日、よくモノを「破壊」する弟に、

「あなたがそれがいいならもう何も言わないけれど、そのままだとお父さんみたいになるね」

と言ったら、目が覚めたらしく「更生メール」を送ってきました。
事の深刻さを、認識してもらえただろうか。

意識的に自分を変えていってこそ、人は変わるもの。
親から受け継いだ性質に感謝しつつも、直すべきところは直してゆきたいです。

大変でも<考え>を完全にし、苦労しても<行ない>を完全にして生きてこそ、心も肉も「根本的」に楽に生きる。

2016年11月2日 摂理・箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。