摂理で運動不足解消!

london_designmuseum (4)

摂理にきて、人生で一番運動をしています。

厳密には、社会人になって、貿易事務というあまりにインドアな仕事に気が狂いそうだったので、小学校&高校とやっていた水泳を復活させたのですが、月2、毎週、週2・・と頻度がだんだん増えていきました。

次第に水泳だけではもの足りないと感じるようになり、週に1度、簡単に走るようにもしています。(でもやっぱりスイマー体質なのでこちらはサボってしまうことも・・汗)

運動すると、どれだけ仕事で疲れていても脳と肉体がスッキリします。
むしろ疲れたときこそ、泳ぐと本当に調子がよくなり、リセットできます。
どれだけ嫌なことがあっても、たいてい翌日には忘れます(笑)

摂理では、そんな運動の重要性について、たくさん御言葉で伝えられます。

筋肉をつけるために運動する時、「持続的」にしてこそ目的が成就する。熱が出て、汗が出るとき「持続的」にやらなければならない。

<運動>もちびちびやったらちゃんとできない。腕、足、腰を伸ばす運動をする時も、「少しずつ」縮めて伸ばして、ちびちびやったらあまり効果がない。「大きく」伸ばした分、運動になり、縮こまっていたのが伸びる。

そして本当に感銘を受けたのが、
単なる運動推奨からさらにもう一歩踏み込んで、

<信仰>もこのようにこうだ。

と悟らせて下さること!

上の例でいくなら「持続すること」「ちびちびやらず大きくやること」が、信仰生活にも適応できる真理ということです。

<信仰>もこれと同じだ。<目的をもって行う万事すべてのこと>がこれと同じだ。

運動をして肉体を鍛えること。
そしてそこから、さらに信仰についての見識を深めること。

毎週、泳ぎながら文字通り「心身健康」(摂理では「霊肉健康」と言ったりもします)でいられることが、本当に感謝な日々です。

 

2016年11月5日 摂理・箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。