仕事は「終わらせてから」じゃなくて「働きながら」

%e3%81%97%e3%81%94%e3%81%a8%e3%82%81%e3%82%82

あなたが任されていることを、毎日、胸がすっきりするように終わらせることで、ストレスと疲れを解消しようとするな。
1日の仕事を全部終えてから御子主と話をし、時間を持とうとするな。

1日の仕事を始めるときから終わるときまで、御子主と共に働くことでストレスを解消し、それを楽しみとしなさい。
御子主と共に働きながら、私と対話し、遊ぼう。
仕事をやり終えてから休み、遊ぼうとしないで、御子主と働きながら休み、遊び、私と対話もしよう。

仕事をやり終えてから休み、遊ぼうとしたらできない。
なぜだろう。
思ったより仕事が早くできても、疲れて倒れて寝てしまうのではないか。

その日の仕事をやり終えなくてもいいから、御子主と一緒に初めから終わりまで話しながらやろう。

電話がひっきりなしに鳴って、手持ち案件終わったと思ったら新規案件メールがどどっときて、思わず脳裡に浮かぶことは「また来た・・片づけねば」なのですが、そうじゃない=それを目的にしないことを教えてくれる御言葉です。

神様との対話、仕事が忙しいと、
ついつい忘れてしまいます。
これだと、仕事を通して得られる真理も、得られない。

職場において、
仕事と信仰を結びつけることを学んでいます。

 

2011年9月18日 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。