自分に<喜び>がないとつらい

Exif_JPEG_PICTURE

<自分自身>による喜びと希望と興奮と感覚がなければ、つらい。
相手が喜びと希望を与えても受けられない。

どんなことでも言えるけれど、
まずは自分自身が、喜んで行なわなければ、
いくら「あなたのため」と言っても、
相手にとってはむしろ負担で、
押しつけがましいものになってしまう。

「神様のため」

とは言っても、
義務やルーティン、
また必要以上にこだわって消耗してしまったら、
そういう姿をみるのは神様もツラいだろうなと思う。

これは、人に対しても同じ。

<喜びと希望と興奮と感覚>
を維持できる線を自分で引いて、
本当に必要なことだけを行なえるようにしたい。

 

2016年4月20日 摂理・箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。