「錯誤」と「確認」だらけの貿易事務から学んだこと

jejuair (1)

Solが貿易事務のシゴトをはじめて数年。

この仕事、とにかくミスが許されないんです(*_*)
納期に間に合わないと、とにかくメーカーさんからの「お怒り」が…(大手になればなるほど大問題)。

なんの自慢にもなりませんが、
まだ仕事をはじめたばかりのころ、
Solはミスしまくっていました。

特に、データ入力。

数字間違える、スペル間違える、選択肢間違える・・

膨大な量の書類をさばく仕事でもあるので(特に転職前はひたすらさばいてく職場だった)、結構おおざっぱなワタシは、一通り間違えて怒られました。

「ミスが多い」

とOJT(教育)ノートに書かれ、ノーミスを目指して出勤するにもかかわらず、惨敗な日々。

自分のできなさっぷりに、
帰り道で涙を流すことも何度かありました。

が、これはSolに限った話ではなく、
このプレッシャーについてゆけず、
OJT中にやめてしまう人も何人かいました・・。

<人間の脳、考え、目、耳>は「錯誤」をたくさん犯す。だから間違って考え、間違って計算し、間違ってみて、間違って聞くことが多い。
このように過ちが多いということを分かって、<脳、考え、目、耳>を「研究」し、いつも「確認」して、認識を正しくしなさい。

一度、私がミスをして、輸出貨物が止まって大クレームがきたことがありました。
会社は「研究」して、再発防止に努めていました。(申し訳ない)

改善されるたびに、ミスは減ってゆき、
私も慣れてくるとミスなくできるようになってきたのですが、

きっと神様からの「指示」もこのように、
うまくできずミスってることが多かったのかもしれません。
いつも自分を顧みなければいけませんね。

錯誤を犯し、過ちを犯す人たちは、<確認>せず<研究>しないからだ。
霊的には「三位と主と一体」になってないからだ。

この会社でひととおりミスを改善したら、転職することができました。

ハレルヤ。

 

2016年5月4日 研究しなさい。認識を正しくしなさい。

 

 

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。