2017年度予算案にみる、拡大・縮小の原理

22日に2017年度の政府予算案が決定されました。

その額97兆4547億円!!

kao (12)

意味わかんね!

と思ってたら
毎日新聞では、家計にたとえて分かりやすい説明がされてましたよ( ・ω・)ノ

image

シンゾーの年収減(税収)
取引先の次期社長(トランプさん)
へそくり(税外収入)
通院代(社会保障費)
家の警備(防衛費)
借金(新規国債発行)

などなど・・

むつかしい話も、国→家計に縮小して考えると、わかりやすいですね。
そうでなければ、素人には、何のことだかさっぱり分からない・・。

<繋げること>で「封印」されているから、<繋がっているもの>をよく見なさい。そうすれば「答え」が出てくる。

言い換えるなら、縮小すると本質的な問題も浮き彫りになる(なってしまう)ということ。

摂理の御言葉でも、よく「拡大」「縮小」という言葉が出てきます。
鄭明析先生は、とっつきにくい聖書や難解な神学用語も、このようにこうだとわかりやすく説明して下さいます◎

人をだます人ほど、難解な用語を使いたがる傾向にありますが、政治の世界も、宗教の世界も「縮小してしっかり説明してくれるか?」という視点で見たら「失敗」はないのかと思います( ・ω・)ノ

 

2016年12月23日摂理・箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。