カジノ法案に思うこと

13_large

今年が終わらないうちに重要ニュースをめもめも・・。

今月、政府はカジノを解禁する実施法案の策定に乗り出しました。

「統合型リゾート(IR)整備推進法案」という名のカジノ法案。

観光立国への起爆剤になり、地域振興に資するとのことですが、個人的には反対です。
国の個性も何もない、なぜにこんなバブル時代のようなことをするのか・・。

入場規制のあり方など、ギャンブル依存症対策の議論はあまりされていないそうだから、ますます心配。
借金や失職、疾走、自殺にもつながる「病気」とも呼べるギャンブル依存症ですが、2013年の時点で成人の4.8%とも聞いたことがあります。

興奮して幻覚状態にある時は、正気から外れて行なう。
<心>を「よい方に」興奮させるべきであって、「悪い方に」興奮させたら、その時「悪い仕業」をやってしまう。

ギャンブルにかける情熱を、天のために捧げたら、
どれだけ大きなことができるだろうかと、パチンコ屋を横目に今日も教会へと足を運びます。

 

2016年10月12日 摂理・箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

洒落感と抜け感のあるエフォートレスな信仰生活を目指しています多分。スイマー&おしゃれ信仰生活推進委員。仕事は貿易事務。絵を描いたり写真を撮ったり、クリエイティブなことが好きです。