御心の中で「すべきこと」

神様の御心の中で<すべきことをする人>、このような人が「次元を上げる人」です。

昨日、ささった御言葉。

これは、本当にむつかしい。

例えばこの桜も、何か別の花になることはできなくて、この桜で、もっと言うならこの木のこの位置でこの時期に花を咲かせることが御心(神様の願い・構想)にかなっているのに、何か他のことをしようとしたら、おかしくなっちゃう。

人間も、一人一人がそのようなのだと思います。

自分が他の人になることはできないし
他の人が自分になることもできない。

「御心の中での個性の位置」

この中で最大限できることを、探り中です。

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。