写真が「やめられない」理由

写真を撮ってるときに、
真理を悟ることがおおいです。

自然万物の理知だったり(「桜は別の花になれない」とか)、
構図の決め方だったり(「中心を置く」とか)、
時をつかむことだったり(「時は季節のように一瞬だ」とか)、

まぁとにかく
その時々私にとって必要な、
神様からのメッセージ=啓示をよくうけるんです。

万物の特性を学び、それにたとえて人生を学びなさい。
偉大な作品を作りなさい。
果物の美しさがそれぞれ違うし、味もそれぞれであるように、人間もそうだ。

 

だからやめられないんだな。

 

2003年11月3日 摂理・箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。