「居場所」があることの大切さ

昨日、ある摂理の名古屋嬢(名古屋摂理の女性共同ブログ)のメンバーと対話しました。

ブログ無理して書いたりしてない?

と尋ねたら、その子曰く、
そんなことは全然ないです^^
と。

信仰にちょっと波があって
書きたい時と書けない時の差があったりするけど、
他のメンバーが記事を更新していたりするととても力を受ける

と言っていたのが印象的でした。
そっか、共同ブログってそんな役割も果たしてるんだと。

確かに1人だと、調子を落としてしまったらなかなか立ち上がるのは困難ですが、その中でも他のメンバーが楽しく続けて更新をしていたら、その力に引っ張られてまたやろう!と思えるもの。

その「ゆるさ」が長く続く秘訣だったりもします。

みんな一緒にいる時は互いに一つになり、三位とも一つになることだ。一人でいる時は三位と一つになることだ。

一人でいるとき
みんなでいるとき

それぞれに自分を成長させてくれる「居場所」があって、その場所をつくることの大切さと、
それぞれの場所で御心を成すことの大切さに、はっとさせられました。

 

2017年2月8日 摂理・箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。