摂理の聖歌隊賛美 『花の中の花』

先週、主日礼拝で捧げられたこの曲。

ちょっと時期が早いかも?と思ったけど、
賛美を聞きながら美しく咲く花が思い起こされて
桜の写真をえらんでみました。

御言葉で、花はよく「人間花」にたとえられます。

花のように個性通りの生。
神様の前に美しく咲いて
捧げられる花でありたいです。

花の中の花

私は花の中の花
私が咲いたのは
その方のため

私は花の中の花
私が生きるのも
その方のため

夜露や雨にうたれながら
全身を洗い清め

その方のために
香りを放つ
香りの花を
その方のもの

(繰り返し)

その方は私に光を照らす
私のために愛の光を
私のために愛の光を
我らの愛
ただ一片丹心
永遠に

(繰り返し)

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。