韓国メンバーとの<対話>

先日、こちらの記事で、男性歌手の韓国メンバーがSolの教会に滞在していたことを書きましたが、驚くことに、本当に良い時間だったようで、帰国後何度もビデオメッセージをやりとりするということが起こっています。

もはやSolの教会メンバーのような、いや、もはや友達のような感覚が芽生えてきて、牧師さんにもなるから結構すごい人のはずなのに、とても近く感じました。

一体どうしてここまでして下さるのだろう?演技じゃないよね(笑)と思いつつも、本当に楽しくメッセージを伝えて下さっているのが感じられて、鄭明析(チョンミョンソク)先生もこのような方なのだと感じました。
遠い存在であるはずなのに近い、そんな存在。

大変でも<対話>はしなければならない。<対話>さえもしなければ、一人でいるようになる。

「一人」にならないように、現実世界でも、祈りでも、<対話>。

「すごい人」だからと、知らず知らずのうちにどこか距離をとっていたことを悔い改めました。

Solの教会の牧師さんは、また日曜日にメッセージ送ろう!と言って下さってますが、一体いつまで続くのだろう・・(笑)
でもそれだけ<対話>による疎通って、大きいですね。

<対話する人>に似て「変化」もするし「変質」もする。

先生と近くしてこられた方だから、
こんなふうに「先生の香り」を放って、
みんなと近くして下さっているのだなぁと。

そのことがあまりに感謝です。

 

2017.4.11 箴言の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。