「一つ」になるってこういうこと

最近、お客さまに電話をかけたときのこと。


(ガチャ)はい、ハッピーウェディングロジスティクスでございます。


恐れ入ります、ユートピアエクスプレスのSolです。あ、あっこママですか?実は来週のご訪問の件なんですが…ぺらぺらぺら


申し訳ございません、あっこママは只今席をはずしておりまして…


あっ!申し訳ございません。ひろこママですね。声が似ていたのでてっきりあっこママかと思いました。またかけなおしますので、お電話あったことだけお伝え下さい。


かしこまりました。あっこママに申し伝えます。それでは失礼致します。


はい、失礼しまーす。(ガチャ)

#


マネージャー、あの会社、社員の声や話し方がそっくりで思わず間違えてしまいました。


みんなよく似てくん。猫トレーディングの人たちなんて、よー似とる。

猫トレーディング (画像編集:Sol)


(うちの会社もそう思われてるのかニャ…)

男女が愛し合ったら一つになってしまうように、事業も、何かの仕事も、食べることも一緒にやったらその瞬間は一つになる。
続けて一緒にやったらずっと一つになる。
神様、聖霊様、御子とも「一緒に行なう時」だけ「一つ」になる。

一緒にいると、どことなく似てくるんですよね。
立ち振る舞いや話し方や…これはある意味、避けられないことなのだと思います。

だからどんな環境に身をおくかが大事だし、
何より、神様ともそのように、いつも一緒にいることで、「一つ」になるのだとおもいます。

 

2017年3月13日 箴言の御言葉
P.S. 会社名は当然ながらフィクションです(ハッピーウェディング様の画像は、摂理de結婚 よりいただきました)

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。