失敗したら、誠意と具体策の提案を

仕事でミスりました(*_*)

連休もあって、米国向け船会社のスケジュールが直前まで定まらず、調整をミスってしまい、お客さんに平謝り。

私にすべて責任があるかと言ったら全くそうではないのですが、お客さんと船会社の「板挟み」のこの仕事。
両社の意向をすり合わせて調整するって意外と大変です。

上司曰く「こういうことはどれだけ気を付けていても絶対起こる。だからじゃあこれからどう対応できるか、具体策を提案してお客様の不満や不安をなくすこと、誠意を見せることが大事。」

アーメン
凹んでいるヒマなんぞない。

そんなわけで、改善策と提案をまとめた資料を作成中。

事務とはいっても、リサーチや提案など、コンサルタント的なことも結構求められるこの仕事。

神様や兄弟姉妹にもこのように「失敗」しても、しっかり改善策を提案してうやむやなことがないようにしてこそ、よい関係性を築けるのだなと。

<神様の考え>と<人間の考え>との差は、「成功と失敗」の差だ。「生と死」の差だ。「すべきこととすべきことでないこと」の差だ。

いつも神様の考えでいたいです。

 

2017.5.2 摂理の箴言

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。