摂理の聖歌隊賛美 『一片丹心 主よ』

素晴らしい聖歌隊賛美が届きました。

「一片丹心 主よ」

一片丹心(일편단심)
イルピョンダンシム

意味は、始終一貫ひたすら相手を愛する真心、一途(いちず)です。

ただひたすらに、主を愛する。

メッセージは、とてもシンプルです。
朝鮮建国時、高麗王朝の臣下が建国に反対し、高麗に忠誠を尽くすべく歌った曲に「丹心歌」というものがありますが、その精神に通じるものがあります。

この曲からは、

信徒の主への一途な愛や
困難や艱難に立ち向かってきた思いや
この時代を生きられることへの喜び・歓喜や

実に色々な感情が呼び起こされて
主への忠誠を誓う思いに胸が熱くなります。

(この曲は)先生が夢で、ある女性を見ましたが、その品格が湖のようだったので、すぐさま書いた曲だとおっしゃいました。
歌には波打つような歌があり、湖のような歌もありますが、この曲は、湖のような歌です。
また、歌曲のようなスタイルだともおっしゃいました。

聴いてるとき、
チョンミョンソク先生の姿が
映像のように何度も脳裏をよぎりました。

ある聖歌隊メンバーは
「この曲は本当に難しかった…!」
と言っていましたが、
聴いたらその意味が分かりますね。

ぜひ私たち摂理人の思いを感じてみてください。

一片丹心 主よ

1.主に会った日 わかった
真理と愛の花 咲き 実を結んだ
真理で結ばれた愛 一片丹心わが主よ
この身と心 変わりはしない
この身は 離れはしない

* 幸せ摂理よ
嵐でも花咲き 実 結んだ
私は新歴史 引き上げの新婦だ
長い歳月 主だけ見つめて
主のその声 どこで 聞くか
一片丹心 この心は 変わりはしない
離れはしない

2.主の御言葉 わかった
真理と愛の花 咲き 実を結んだ
長い歳月 主の身となって走った
雨風にも 花を咲かせ 実 結んだ
花 咲かせ 実を結んだ
*

3.夜 過ぎれば 昼が来るよう
世の時過ぎ去り 天の時が来た
待ちに待ってた 新歴史の主よ
全世界の為に 命の道 来た
険しい海 渡って来た
*

離れはしない

 

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。