バージンロードを歩く夢

今朝、バージンロードを歩く夢をみました。

真っ赤なカーペットがひかれていて
私はドレスを着て、確かにその上を歩いていた。

旦那の顔は分からなかったけど(笑)
まぁ、そういうことですよね。

今は神様の「新婦」になる時代。
神様と人間が、最も近くなる時代。

「今は最後に新婦の装いですべき時」という御言葉も伝えられて、自分がそのような時なのだと感じました。

<夢の啓示>を受けたらその夢のチケットを使うことになるから、夢を見て、捨てるな。時になれば夢のとおりになる。

最近、色々パンクしてたから、
目に見えないことすべて
神様が労って下さった気がした…。

ただ「新郎」のために生きられればそれでいい。
労苦も困難も、いつも共にできる「新婦」でありたい。

 

2017.10.28 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。