東京ばな奈の新しさ

東京土産といえば、
私の中では東京ばな奈がまず思いつくぐらい

職場、教会、家族など…
東京ばな奈をもらう率が高いのですが、

いつもデザインが違っていることに驚きます。

水玉だったり、ひょう柄だったり、
2ヶ月に1度くらい見てる気がするのですが、
毎回デザインが異なるので「またか」感がなくて、
味は同じだけど、なんか嬉しいんですよね。

今回いただいたのは、なんとハート!

ハートって人を選ぶと思うのですが、
ここまでしつこいと、
まいっかって感じになります(笑)
ネタ要素が強いので許せちゃう。(で、こうやってブログに書かせてしまう東ばなの見事なマーケティング戦略よ…)

本当に毎回東京ばな奈ばかり頂く気がして、
もっと他にないのかい?と思いつつも、
リピ買いさせてしまうのは、
「東京」を証する力が、御言葉を宣べ伝えるイエス様のように強いのと、毎回デザインを新しくしてることが大きいのでしょう。

<食べ物>も以前と違う「新しいやり方」ですれば、その食べ物は「新しいもの」だ。

世の中でも互いに「新商品」を作り出して競争する。<この時代>もそうだ。

イエス!東京ばな奈。

ベースは同じ。
でも、何かが次元を上げて違う。

でもそれは、気づく人しか気づかない。
買った人しか分からない。

この時代もそうだと、
東京ばな奈が教えてくれました。

2017.12.16 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。