今日は韓国では光復節(独立記念日)

8月15日は、日本では終戦記念日ですが、
韓国では光復節(광복절・クァンボッチョル)という独立記念日です。

日本の植民地支配から解放された日として記念され、祝日にもなっています。

大韓民国が始まった日。
領土、主権、民を取り戻した日。
国の「復活」を成した日です。

日本にしか視野が向かなかったなら、
「戦争が終わってよかった日」
としか私は思わなかったでしょう。

立場を変えてこの日を見てみると、
異なる辛さや安堵を思い起こさせるものです。

歴史上、韓国を支配していた日本。
その韓国から、1945年に福音を伝える指導者が生まれ、
私たちが今その恩恵に授かれることは、
偶然というにはあまりにも軽率な言葉だと思います。

神様が日本の「罪」を赦して下さらなければ、
「神様の言葉」を聞くことなんて、
到底、不可能なことなのですから。

73年前のこの日、韓国は民族の復興を成し、
今も尚、国の発展と共にそれは続いています。

この時代のエデンの地、
と言ったら言い過ぎかもしれませんが、
そのようになる可能性も、十分秘めていると思います。

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。