癒しの動物たち

わたし、動物が好きみたいで、
最近はリサラーソン という作家さんの動物が
かわいいなと思います。

メルカリで安くなっているとほしくなってしまう…!

手前のヘビみたいなのは、ネッシーです。
ネス湖という、
ネッシーがいたとされるイギリスの観光地で、
いつかの大学時代に買いました。

丸くてシンプルでシュールな感じが好きみたい。
作家は自分に似た形象の作品を作ると、
今朝御言葉で伝えられましたが、
買う側もそのようだと思います。

神様も、人間をそのように創造されました。

って、文脈合ってる?

こちらは摂理メンバーりぃさんの
カピバラと触れ合う記事です。

手前、癒しか。

私も癒し系になってみた。

一生一作。

どんなものでも、愛と真心がこもったものは、
見る人に感動を与えるものです。

動物に関してもっと言うならば、
神様が愛で創造なさったから
大切にしないといけないと、以前伝えられました。

私は何を作れるだろう?

癒し的なものを与えられたらいいなと思うこの頃。

のんびりマイペースな動物たちをみて、
力抜いてありのままでいいよと言われているようです。

ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(摂理)のブロガー。漫画を描いたり写真を撮ったり。日常のことや信仰のことをつれづれと描いてます。趣味は雑貨集め。スイマー。おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪