東日本大震災が教えてくれたこと①

昨日11日で、東日本大震災は、
発生から8年の朝を迎えました。

震災関連死を含め1万9598人が亡くなり、
いまだに2533人の行方が分かっていないそうです。

本当に、今自分が生きていられることが感謝でしかありません。

肉体がまず生きられなければ、
何も生み出すことができないですから。

神様と聖霊様に感謝しなさい。
死から命の道にうつして下さったことが大きい。

今週は、感謝の週。

まずは自分が生きられていることに感謝するという
当たり前だけど忘れがちのことを、
3.11は教えてくれているのだと思います。

 

2019.3.10 主日の御言葉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

キリスト教福音宣教会(通称:摂理)のブロガー。普段は総合職で海外とつながるお仕事。女性の社会進出に興味有。漫画を描いたり写真を撮ったり泳いだり、多趣味極まりない感じで、色んなものが飛び出します。