主日帰りのあじさい

昨日の主日礼拝後、
帰り道を歩いていたら、
あじさいの花をたくさん見ました。

先週は見なかったような気がするから、
今週がピークなのかもしれない。

雨あがりで、雫が化粧水のように、
花に元気を与えているようでした。

この日伝えられた主日の御言葉は、

「勝利した人よ、もらったものを奪われないように忠誠を尽くしなさい」

忠誠、まさに日本人が得意とする性質です。

ヨハネの黙示録に出てくる、フィラデルフィア教会という主に忠誠を尽くした教会の話をされながら、今の私たちもそのようだということを伝えて下さいました。

神様からもらったものがとても多い私たち。

けれども人間はすぐに忘れてしまうから、
いつも忠誠を尽くして、
受けた祝福を忘れないようにしなければですね。

帰りに見た青いあじさいの花言葉が、
「辛抱強い愛情」
ということを知って、
ますますこの御言葉を実践できたらなと
思ったのでした。

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。