摂理の聖歌隊賛美『一生一作』

摂理の聖歌隊賛美「一生一作」です。

この言葉を聞いたのは、
今年の2月が最初だったと思います。

人間は、神様の作品。
行う通りに祝福を受けるから、
今年、一生一作をつくりなさい、と。

「つくったもの」って、つくった人に似ています。
同じ模型をつくっても、絶対につくった人のクセのようなものが出てくるし、全く同じものは、できなかったり。

そのように、人間も本来は、神様と似ているもの。

神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。(創世記1:26−27)

どうやって発展させていくかは、
一人一人の努力や行いにかかっています^^

一生一作

もうすぐ着く
勇気を出せ
力なく愛よ
座っていたら
私はどうする

あなただけ見てきたのに
あなたの手を握り行く道あるか
全能なる神様あなたのこと
話そうと行くのに
座ってたらどうするか

行こう時になった
あの天も待っていて
あの雲も立って待ちながら
見せて悟らせてくれる

そう!まさにこれだ!
立ち上がり我が手を握り
引っ張って行く姿 愛よ
美しい力がわく
素敵だ

だから私があなたを選んで
ここまできたのだ
我が一生一作だ
一生一作品だ

変わりもせず揺れもせず
台風が吹いても風吹いても
季節が来て去り
雨風吹雪吹いても
変わらない姿が

変わらない姿が
変わらない姿が AH~

美しいその人生の香りが
風に乗って香りを放つ
春の日かぐわしい
春の日美しい
私のようにあたたかく
希望満ちる

一生一作品だ

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。