摂理の聖歌隊賛美『愛の婚宴』

わりと耳にタコができるぐらい
礼拝で歌っているであろう名曲・愛の婚宴です^^

そこで天国は、十人のおとめがそれぞれあかりを手にして、花婿を迎えに出て行くのに似ている。

とは、マタイによる福音書の25章1節ですが、
花嫁と花婿のたとえは、聖書の随所に出てきます。

神様が、新郎でいらっしゃる花婿。
人間は、新婦である花嫁。

今は、神様と人間の距離が最も近い
「婚宴の時代」だと言われます。

この賛美は、そんな新郎新婦の愛について歌われているんですね♪

…しかしこの聖句は、5人の思慮深い者と、
5人の思慮の浅い者に分けられ、
思慮の浅い新婦たちは、用意すべき油を用意できず、
新郎の部屋に入れてもらえないという続きがあるのですが…。

花嫁として何をすべきかは、
聖書の続きを読んでみてくださいね。

愛の婚宴

千年史婚宴 素敵に美しく
愛の歴史を未練なく成して生きるべきだ

チャッ チャッ チャッ チャッ
クン チャッ チャッ チャッ チャッ
クン チャッ チャッ チャッ チャッ!x2

時がきた
歌を歌う時がきた
皆出てきて 手を振り足振り 首を振り
体振って 新時代の歌 歌え

行こう 走ろう
神様に栄光 我ら帰すべきだ
互いに皆 立ち上がれ 踊れ 一緒に
手足を振って まわしながら
歌を歌いリズムに乗り ハッ!

神様 聖霊に似て 現れる
体を揺する 力わく 時代の新婦よ

千年史婚宴 素敵に美しく
愛の歴史を未練なく 成して生きるべきだ
霊魂 魂と共に
永遠な 黄金天国主人になって 神様愛し 聖霊 愛し
主共に 永遠に 生きるのだ

チャッ チャッ チャッ チャッ
クン チャッ チャッ チャッ チャッ
クン チャッ チャッ チャッ チャッ!x4

千年史 婚宴 素敵に美しく
愛の歴史を 未練なく 成して生きるべきだ
霊魂 魂と共に 永遠な黄金天国
主人になって 神様愛し 聖霊愛し 主共に
永遠に 生きるのだ
永遠に 生きるのだ

チャッ チャッ チャッ チャッ
クン チャッ チャッ チャッ チャッ
クン チャッ チャッ チャッ チャッ!

フイ!

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。