今の時代を知るための拡大と縮小

大きなことは、拡大縮小して考えるとわかりやすいといいます。

例えば、世界平和という大きな問題も、
世界が1つの学校のクラスで起こっていることだったら、というように。
色んな人種や経済格差などの問題も、
背景が異なる一人一人の生徒のことと考えたら、
問題がぐっと身近になり
解決のヒントを見いだすことができます。

今の時代も、どれだけ神様からみて
素晴らしい時代なのかということも、
このように考えたらいいと、先生はおっしゃいました。

それはまるで、旧約時代にイスラエル民族が、
エジプトで奴隷生活をし
シン荒野で苦難を受けていたところから
恵みのカナンの地にうつった時のようであり

イエス様以降「苦難の歴史」と言われる
2000年の新約時代が終わり、
新しい1000年の歴史を迎える時のようであり、

個人が摂理に来る前、
「目的」がわからずさまよっていたところから、
摂理にきて「答え」を見出した生のようであると。

これらの本質は、同じだと。

歴史は、行なっている人だけが分かるし見える。
個人は、人生のエジプトから抜け出したようなことだ。
今は、栄光を帰する「材料」があるから嬉しい。
時代に該当する栄光を帰さなければいけない。

色々なものが、新しくなる時代。

神様が、今の時代に喜ばれることは何だろう?

少なくとも、この時代に生きて
神様を知った「新しい生」を、
栄光としてふさわしく捧げられたら嬉しい。

 

2020.1.14 摂理の御言葉

ABOUTこの記事をかいた人

摂理の日常を描いてます。社会人で導かれ教会に通うようになりました。宗教や信仰を身近に感じてもらえたら嬉しいです。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア♪インターネットが好きです。