理想世界

今週の主日の御言葉は「理想世界」でした。

英語だと、“Ideal World”
「ユートピア」「地上天国」とも言ったりします。

参考聖句は、イザヤ書の11章1-9節でした。

少し長いですが、紹介しておきますね。

エッサイの株から一つの芽が出、 その根から一つの若枝が生えて実を結び、 その上に主の霊がとどまる。
これは知恵と悟りの霊、深慮と才能の霊、 主を知る知識と主を恐れる霊である。

彼は主を恐れることを楽しみとし、 その目の見るところによって、さばきをなさず、 その耳の聞くところによって、定めをなさず、 正義をもって貧しい者をさばき、 公平をもって国のうちの 柔和な者のために定めをなし、 その口のむちをもって国を撃ち、 そのくちびるの息をもって悪しき者を殺す。
正義はその腰の帯となり、 忠信はその身の帯となる。

おおかみは小羊と共にやどり、 ひょうは子やぎと共に伏し、 子牛、若じし、肥えたる家畜は共にいて、 小さいわらべに導かれ、 雌牛と熊とは食い物を共にし、 牛の子と熊の子と共に伏し、 ししは牛のようにわらを食い、 乳のみ子は毒蛇のほらに戯れ、 乳離れの子は手をまむしの穴に入れる。
彼らはわが聖なる山のどこにおいても、 そこなうことなく、やぶることがない。 水が海をおおっているように、 主を知る知識が地に満ちるからである。

この聖句は、イザヤという、旧約時代の大預言者が、
メシア(救い主)が来て理想世界が成されることを説いたものです。

エッサイというのは、人の名前で、
その家系からイエス様が生まれるということです。

動物は比喩で、おおかみや子羊のような
様々な人間が、メシアを迎えて、
真理の御言葉で一つになり
理想世界を成すことを描いています。

何か物質的に繁栄した社会が築かれたりすることが、
神様が言うところの「理想世界」じゃないんですね。

この「理想世界」の本質は、
今の時代にも通じるところがありそうです。

ABOUTこの記事をかいた人

貿易の仕事をしながら摂理の教会に通っています。スイマー・おしゃれ信仰生活推進委員。今ハマってるものはインテリア。インターネットが好きです。